ZEISS Loxia 2.4/85

Tags: medium_telephoto, prime

メモ

電子接点ありのMFレンズ。絞りリング動作時の作動音を消すデクリック機能あり。防滴防塵っぽい仕様。

ザ・ポートレートレンズと言いたくなるような描写性能。うまく言えないけれども、被写体がとても映えるような写りをする感じ。

逆光耐性が、異様に高い気がする。

レビュー記事

定性的レビュー

  • Rolling-Review: Zeiss Loxia 85mm 2.4 - phillipreeve.net
    • 鏡筒の造り
      • フードを含め、総金属製でとても良い造り。
      • レビューアが手にした個体では、無限遠位置は、∞マークの少し手前だった。
    • 周辺減光
      • 開放で1.9EV程度。f/4でだいぶ少なく(0.8EV以下に)なり、f/5.6でほぼ無視できるレベル(0.4EV以下)に。
    • シャープネス
      • 四隅以外はf2.4-f8でほとんど変化なし(常にベストな写り)。なお、f/11以降は回折の影響を受ける。
      • 四隅はf/5.6, f/8がベスト、とはいえf/4でも十分良く、開放f/2.4でも実用十分な写り。
      • 最短撮影距離・開放f/2.4でも極めて優れている。
    • 逆光耐性
      • このレンズはいかなるゴーストも発生させることができなかった。
      • フードがなくても問題はなく、このレビュー記事のサンプル撮影では使っていない。
      • 太陽をフレームインしても、コントラストは全く落ちない。
      • レビューアが今までに使ったレンズの中で最も逆光耐性が高いレンズのうちの1本と言える。
    • ボケ味
      • とてもスムース。
      • ただし、レンズの直径が小さいためと思われるが、口径食(光源ボケがラグビーボール状になる現象)は開放f/2.4で顕著に現れる。
    • コマ収差
      • 開放からf/2.8まで、四隅ではコマ収差が邪魔に感じる
      • f/4まで絞ると、四隅でも問題はほぼなし。
    • 光芒
      • f/4以降では、10本の光芒が、他のLoxiaレンズと同様に綺麗に出る。
    • 歪曲収差
      • Lightroomの補正無しで、ほぼほぼ無し。ごくごくわずかな糸巻き型。
    • 色収差
      • 軸上色収差はかなりよく補正されている。ごくわずかにマゼンダとグリーンの縁どりが発生する。
    • フォーカスシフト
      • Sonnarタイプのレンズの特性としてフォーカスシフトが起きやすいという傾向があるが、このレンズではごくわずかな量であり、実用上心配しなくて良い。
  • 特別企画:本日発表!コンパクトなポートレートレンズ「ZEISS Loxia 2.4/85」レビュー - デジカメ Watch
  • Zeiss Loxia 85mm f/2.4 Review PhotographyBLOG

定量的レビュー

  • #512a. New Zeiss Loxia 2.4/85 : the full review DearSusan
    • 定量的なデータと、豊富な作例あり〼
    • レビューアの総評
      • ○ 質感や色、空気感を切り取ってくれるクリアな描写、信じられないほど高い解像力、人間工学的に使いやすい形状、他のLoxiaレンズとの一貫性
      • ☓ レンズキャップの形状がベストじゃないこと、開放f値が大きいこと
      • 正直まったく欠点が見当たらない!最高にオススメするレンズ

レンズ仕様

メーカー ZEISS
レンズ名 Loxia 2.4/85
レンズ構成 7群7枚
絞り羽根 10枚 (円形絞り:?)
最短撮影距離 0.8m
最大撮影倍率 0.14倍
フィルター径 52mm
外形寸法 62.5 mm ✕ 94.8mm
質量 594g